睡眠障害を克服して快眠を目指そう!

季節ごとの睡眠の悩み

季節ごとに異なる睡眠

睡眠障害を抱える人というのは、最近でも非常に多いものです。その人の身体的なコンディションや、精神的状況によっても、睡眠の質は大きく影響してきます。一年のうちには、春夏秋冬とありますが、それぞれに季節に応じて、睡眠の質は異なります。それは、その季節ごとに環境も変わり、体調も変化する他、気持ちの面でも変化が生じてきてしまうからです。これをすれば絶対快眠できるといった、魔法のような抜け策はないので、その季節に適した快眠策を考えていく事が必要です。

 

春はだるい

一年の中で最もだるくなる季節が春です。特に20代の若い男性や女性が、この時期に極度のだるさを感じ、朝起きるのがつらかったり、よく眠れずに、スッキリ目覚める事ができないといった悩みを抱えるようになります。春は始まりの季節でもあり、緊張やプレッシャーからも睡眠障害が生じる事があります。また、寝不足や過労が続いて眠れなくなってしまう事もあるのです

 

夏は熱帯夜が厳しい

夏は一年の中でもっとも気温が上昇する季節ですので、どうしても寝苦しくなってしまいます。特に夜でも25度以上になりますと、「熱帯夜」と呼ばれ、暑苦しくて眠れないといった不眠障害が生じてきてしまいます。このような事からも、夏の熱帯夜の時期は、エアコンやうちわ、自然のクーラーを適切に使いながら、不眠対策をしていきましょう。

 

秋は夏の疲れが押し寄せる季節

秋は趣があり、落ち着いた季節でもありますので、好きな季節だという方も多いですが、夏の疲れが押し寄せる季節でもあります。最近何だか気持ちよく眠れない、疲れがとれないという方は、弾けすぎてしまった夏の疲れがだるさとなり、不眠になっている事もあります。秋は、「秋の夜長」とも言いますので、読書などで夜更かしをして眠れなくなる事もあります。

 

冬は寒くて布団から出られない

冬はとにかく寒いので、一番気温が下がる朝に、暖かい布団から抜け出してくるのは、億劫でつらいものです。ずっと布団の中でぬくぬくしていたいという気持ちになるものですよね。就寝時も寒くなりますので、防寒対策をしっかりとしなければ、寒さで眠れない事もあります。